語り賢者の備忘録

遊戯王語る(せの字 twitter:@se_ypdesuyo)

【シャドバ】ティターニアエルフ

サハクィエルに続き面白いデッキの紹介です。 まずはレシピを。 見切れてるのはウォーターフェアリー3とメイ3です。a.ティターニアの妖精郷 5マナで多少重いですが、ハマると3/3の突撃持ちが毎ターン出てくるのは厄介です。キーカードですがかぶると弱いため…

【シャドバ】サハクィエルという可能性

久しぶりの更新は遊戯王ではなくシャドバになります。 今回のテーマは第3弾のニュートラルのレジェンド、サハクィエルになります。まずはレシピを。見切れてるのはバハムートが3枚です。 また、このブログではPPをマナと表記しますが悪しからず。ドラゴンの…

壊獣について②

前回に引き続き壊獣についてです。 何戦かマッチを行い、見えてきた部分について書いていきます。a.壊獣の選択 相手に渡す壊獣ですが、基本的にガメシエルになると思います。打点的にも効果的にも適任に思えますが、出したターン内にガメシエルを突破しない…

壊獣について①

久しぶりの更新となります 今回は海外新規テーマとして壊獣をフューチャーしますa.壊獣の強み あらゆるモンスターをリリースで飛ばせるため、強力な制圧力を持ったモンスターも無力にすることが出来、かつサイズ差で圧倒できるため、少数精鋭のデッキに対し…

アンケートから見る想定盤面と選択肢-本当の安定択とプレイスタイル-

Twitterのアンケート機能により、以下の質問をしまし、結果がでました。 まず書くにあたって、あくまで意識調査なので ・具体的な環境 ・相手のデッキタイプ ・ライフ差 ・ビュートの表示形式 ・何ターン目なのか ・自分の把握できているリソース ・何戦目な…

今期の遊戯王についての客観的感想

久々の更新です。 今期はプレイヤーとしてではなく、客観的に環境をぼんやり眺めている感覚なので現環境で実際にプレイをしているプレイヤーとは少し違うかもしれません。 さらに今手元にあるデッキがHEROのみなので、そこから考えていきます。a.環境トップ…

制限改訂(2016/04/01~) について

今回はレシピやデッキについてではなく、改訂について少し思ったことがあるのでその方面で書いていきます。 なお、改訂内容は知っているものとして書いていますのであしからず。今回の改訂では環境トップの【EM竜剣士】、二番手として【彼岸】、三番手の【帝…

竜剣士②:拡張性と危険性

環境の変化が起こらないまま、来月にはもう改訂というハイペースな状態が続きますが、今回の記事も独自の構築を挙げていきます。前回、竜剣士はテーマ内での構築を目指せるレベルにある、それを前提としてサンプルを組み立てました。 その後ADSや対人戦を繰…

竜剣士:テーマ内での完結の可能性

年明け最初の記事は竜剣士についてです。 今現実の紙のカードからは離れているので、あくまでも仮想として、理論上のこと、として考えていきたいと思います。現在、EMEm環境終了直後からEMの新たな相方として竜剣士が主流となり、環境を席巻しています。確か…

新・ネクロスについて:来期(2016/0101~)の展望

12月も末となり、CSの結果も出揃い始め、新弾によってのテコ入れが入るまではやはり今期の環境の推移と同様の状態です。なるべく早くこの環境に劇的な変化が欲しいところですね。さて、今回はタイトル通りネクロスの展望です。 ネクロスというテーマ自体に緩…

制限改訂(2016/01~)の影響

12月も半ばを過ぎ、遊戯王も制限改訂が発表、確定しました。 今回は前評判の高かったショックルーラーを筆頭にEMEmのEmでのキーパーツであるヒグルミとダメージジャグラーが禁止になり、前々回のような放置ではないものの、環境そのものを覆すことには至らな…

超量について①概説、サンプル

今期も残すところあと2週間ほどで制限改訂が発表され、環境の固定化に対する是正が施されることを予想し、現環境も終わりを迎えると同時にまとめ、そして新たな環境に対しても向かっていく時期に差し掛かってると思います。 最終的にはEMEmの一極化、それに…

ネクロスについて⑦バック破壊

環境が固定化し、多くのプレイヤーは次の環境を見越した構築へ移行する傾向にあると思いますが、このシリーズ記事ではあくまで現環境における考察を示していきます。今回はネクロスのバック破壊についてです。 a.ネクロスのバック破壊の意義 ネクロスは原則…

EMhero(竜剣士型)②詳細部分と調整

竜剣士EMheroを使い始めてマッチングの数もそこそこ溜まってきたのと、それによって見えてきた部分があるので書いておきます。a.変更点 おおまかな構成は前回の記事のレシピからほとんど変わっていませんが、変わった部分についてはメイン ・サイクロン2→ツ…

ネクロスについて⑥ディサイシブについて

最近ネクロスにディサイシブが必要ない、という意見をちらほら見ます。 今回は、ディサイシブの有用性について少し書いていきたいとおもいます。前回の記事の竜剣士EMHEROについてはまた今度更新します。a.環境面 現環境ではEMEmのシェア及び勝率が圧倒的に…

EMHERO(竜剣士型)①概説、サンプル

今期は影霊衣の予定でしたが、予想以上にルーラーが蔓延していたため断念しました。ルーラーを出されると高確率でなにも出来ず負けてしまうことが多く、また帝に対しても不利なため、使っていくにはかなり厳しい状況だと考えた結果です。次に何を使うかです…

ネクロスについて⑤番外編

先日ネクロスについて①~④を書き、自分でも構築やプレイを見直してみました。 公認大会レベルではありますが、いくつかわかったことがあるので雑感としてまとめていきます。 9月の公認大会は旧制限で、構築としては新制限により近づけるためにシュリット1枚…

ネクロスについて④来期に向けてのまとめ

三回に渡って書いてきたネクロスですが、今回でまとめに入りたいと思います。 過去書いた記事ではあらゆる意味で「選択肢」を提示する形をとりましたが、今回はその選択肢のひとつとしての「 プラン」の提示、もしくは考えていく上での参考意見、という感じ…

ネクロスについて③サブギミックの選択

前々回はシュリットについて、前回は儀式モンスター及び必須枠について書きました。今度は、それら以外のカードについてです。シュリットの制限化といわゆる仏チェインの9枚体制、そこに儀式以外のギミックを加えることで既存のネクロスに足りない部分を補う…

ネクロスについて②シュリット以外のカード

前の記事でシュリットについてざっと書きましたが、今度はシュリット以外のカードについてです。シュリットが制限になり、代用カードを投入したとしても今までと同様の構築ではよほどシュリットに依存していない場合以外は、やはり厳しいと思います。特に改…

ネクロス(影霊衣)について①来期(2015/10/01~)の展望-シュリット編-

リミットレギュレーション変更告知から一週間、それぞれのデッキも適応したり、またExパックからの彼岸やストラクの帝など、新しいテーマも参戦し、メタが多様になりますます勝ちにくくなると思います。 今のうちに各デッキ研究をしておくといいと思います。…

今期まとめ①アライブ海皇

人魚杯やその後の公認でもちらほら使ったアライブ海皇、海皇HEROっていった方がいいですかね。デッキの解説は後半です。今期は最初マジェスペクターを使っていこうと思っていたんですが、予想以上にEMEmに対して弱かったのと、ライフを取る速度が遅いため高…